「私」を表す韓国語の表現方法を解説

アニョハセヨ! 韓国語の「저 / 나」は後ろに「は、が、の、と、も、だけ、に」などの助詞が来るとき「저 / 나」が変化する場合があります。その表現をまとめたの一緒に勉強していきましょう。

目次

韓国語の2つの私「저 と 나」

2つの意味を持つ「저」

一つは「나」の謙譲語で、「わたくし」「私」の意味があります。

もう一つは「나」へりくだった言葉で「自分」、「自身」の意味があります。

저보고 말한 것도 아닌데 민감하게… / 自分に言ったのでもないのに過剰に…  

내가 저 보고 화를 낸줄 알고  많이 걱정했나 봐 / 私が自分のことを怒ったと思って随分心配したようだよ

2つの意味を持つ「나」

一つは「わたくし」、「私」、「僕」、「俺」の意味があります。

もう一つは「己」、「我」、「自分」の意味があります


저と나は後ろに助詞が来る時

「私が」韓国語例文

제가 보낼겁니다
私が送ります

제가 책임자입니다.
私が責任者です

이번에는 내가 간다.
今回は私が行く

「私の」韓国語例文

친구 민지예요.
私の友達ミンジさんです

집이 제일이다.
自分の家が一番だ。

나의 휴대폰.
私の携帯電話

「제」は「저의」の縮約形で、「내」は「나의」の縮約形です。会話で使うことができます。

「私は」韓国語例文

저는 차보다 커피를 더 좋아합니다.
私はお茶よりコーヒーのほうがもっと好きです

괜찮아.
私は大丈夫だよ

나는 직장인이다.
私は会社員だ。

「난」は「나는」の縮約形で、「전」は「저는」の縮約形です会話で使うことができます

「私を」韓国語例文

저를 믿어 주세요.
私を信じてください

나를 잊지 마.
私を忘れないで

좀 봐.
私を見て

「날」は「나를」の縮約形で、「절」は「저를」の縮約形です。会話で使うことができます。

「私と」韓国語例文

「と」は韓国語で「와/과」以外に「랑/이랑」「하고」がありますが、「저/나」の後ろに来ると「저랑 / 나랑」「저하고 / 나하고」になります。「저와」は会話でも使いますがよく書き言葉として用い、「저랑」と「저하고」は会話でよく使います。

저와 같은 이름이네요.
私と同じ名前ですね

내일 나와 가자.
明日私と行こう

나와
私と君

「私も」韓国語例文

저도 이러고 싶지 않았습니다.
私もこうしたくなったです

나도 여잔데…
私の女なのに…

나도 가고싶다.
私も行きたい

「私だけ」韓国語例文

저만 몰랐어요!
私だけ知らなかったです!

나만 믿고 따라와.
私(だけ)を信じてついてきて

*「나를」ではなく「나」に限定の意味のある「만」を付けて나만を使っていますが、「ほかの事は心配しないで私さえ信じて付いてくればいいんだよ」の意味を表しています

결국 나만 바보가 됐네
直訳:結局私だけ馬鹿になったね
意訳:結局私だけ馬鹿みたいに

「私に」韓国語例文

제게 왜 이러세요?
なんで私にこんなことを(するのですか)!

이건 그 사람이 나에게 준 기회다.
これはその人が私にくれたチャンスだ

나에게 한 말 잊지 마!
私に言った言葉忘れないで

「제게」は「저에게」の縮約形で、「내게」は「나에게」の縮約形です。会話で使うことができます。ここの「게」は「에게」の縮約形です

まとめ

「저/나」の後ろに「は、が、の、と、も、だけ、に」などの助詞が来るとき「저/나」が変化する場合がありますので、その意味、使い方等について説明を行いました。

*「저」は謙譲語なので「저」を使用する際文末も丁寧な言葉で

*「나」は対等な関係・目下に向かって言う「わたし」なので、「나」を使用する際文末はタメ言葉で

結びつけた方がいいでしょう。ドラマ、日常生活でよく出てくる例文を挙げていますが、中には直訳できないものもありますので、訳しに注意しましょう。

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援をよろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次